植物特設サイト

雪割草
(オオミスミソウ)


科名:キンポウゲ科
属名:Hepatica ヘパティカ属
学名:Hepatica nobilis var. japonica f. magna
概要:古くから、正月飾り(松竹梅)の寄せ植え材料として 親しまれてきた園芸植物である。 近年は、人工交配により、多様な形質を有する個体が創出されている。栽培の中心は、その変異も多く、育てやすいオオミスミソウ(大三角草)である。 新潟県沿岸部に自生地が多く存在する。 雪解けと共に、林床を埋めつくす雪割草の姿は、春を待つ人々の心を明るくしてくれる。
標準花 標準花 標準花 標準花 標準花 標準花 標準花 葯退花 葯退花 葯退花 葯退花 葯退花 雄退花 雄退花 雄退花 雄退花 雄退花 雄退花 変化花 変化花 変化花 変化花 変化花 変化花 変化花 標準花 標準花 標準花 標準花 標準花 標準花 葯退花 葯退花 葯退花 葯退花 葯退花 雄退花 雄退花 雄退花 雄退花 雄退花 雄退花 変化花 変化花

<雪割草の園芸上の分類>英語による分類表記はコチラから
( Classification notation by English )

(Ⅰ)一重咲き

① 標準花

② 葯退花

③ 雄退花

④ 変化花

(Ⅱ)八重咲き

♂弁化

① ヘラシベ咲き

② 二段咲き

♂♀弁化

③ 三段咲き

④ 唐子咲き

⑤ 千重咲き


(Ⅰ)一重咲き Single-flowered

① 標準花 Normal type

雄しべ、雌しべがともに正常。
多弁花、短花糸花も含む。

標準花
標準花
標準花
標準花
標準花
標準花
標準花
標準花
標準花
標準花
標準花
標準花
標準花
標準花
標準花
標準花
標準花
標準花
標準花
標準花
標準花
標準花
標準花
標準花



② 葯退花 Degenerate anther typeページ先頭へ

葯は退化、または痕跡を残す。
花糸は正常。

葯退花
葯退花
葯退花
葯退花
葯退花
葯退花
葯退花
葯退花
葯退花
葯退花
葯退花
葯退花
葯退花
葯退花



③ 雄退花 Degenerate stamen typeページ先頭へ

雄しべが退化した個体。
乙女咲きともいう。

雄退花
雄退花
雄退花
雄退花
雄退花
雄退花
雄退花
雄退花
雄退花
雄退花
雄退花
雄退花
雄退花
雄退花



④ 変化花 Deformed flower typeページ先頭へ

渦巻弁、撫子弁、総苞葉化(えりまき)など。

変化花
変化花
変化花
変化花
変化花
変化花
変化花
変化花
変化花
変化花
変化花
変化花
変化花
変化花
変化花
変化花
変化花
変化花
変化花
変化花
変化花
変化花
変化花
変化花
変化花
変化花





(Ⅱ)八重咲き Double-flowered

① ヘラシベ咲き(♂弁化) Herashibe type (Flowers with petaloid stamens)ページ先頭へ

雄しべが多肉質で、スプーン状やヘラ状に小さく弁化したものを指すが、栽培環境によりT字弁に花弁化しやすい個体もある。雌しべ全体が稔性を持つ。

ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き
ヘラシベ咲き



② 二段咲き(♂弁化) Ni-dan type (Flowers with petaloid stamens)ページ先頭へ

雄しべは、様々な形態に弁化。雌しべが部分的に弁化、あるいは不捻化していても、わずかでも稔性をもつ雌しべがあれば二段咲と見なす。

二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き
二段咲き



③ 三段咲き(♂♀弁化) San-dan type (Flowers with petaloid stamens and pistils)ページ先頭へ

雄しべは旗状、または葉状弁化。まれに正常な雄しべを残す。雌しべは、葉状弁化するが、ときに固く閉じる。弁化花弁は有毛。

三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き
三段咲き



④ 唐子咲き(♂♀弁化) Karako type (Flowers with petaloid stamens and pistils)ページ先頭へ

雄しべ、雌しべの弁化花弁は異形で識別できる。まれに、正常な雄しべを残す。通常、弁化花弁は無毛だが、三段咲きとの中間型(Forms)にはわずかに繊毛を残す。

唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き
唐子咲き



⑤ 千重咲き(♂♀弁化) Sen-e type (Flowers with petaloid stamens and pistils)ページ先頭へ

雄しべと雌しべの弁化部が同形、完全弁化。通常、弁化花弁は無毛だが、三段咲きとの中間型(Forms)には、わずかに繊毛を残す。

千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き
千重咲き




☆ 白覆輪咲き White covering ring typeページ先頭へ

白覆輪の個体を御紹介します。

白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き
白覆輪咲き





※ 本ページの分類表記に使用した画像は、育種家 岩淵公一氏が実生により作出したものです。


岩渕 公一(いわふち こういち) Koichi Iwafuchi

1948年、新潟県小千谷市生まれ。東京農業大学へ入学し、遺伝育種学研究所(のちの財団法人 進化生物学研究所)にて、 遺伝育種学と植物組織培養を学ぶ。卒業後、故郷に戻るが、1988年に新潟県刈羽郡西山町(現在は柏崎市西山町)に、農場を移し、 豊かな里山で暮らしながら、自然盆栽「三雲苑」を主宰する。国際雪割草協会(IHS)会員。同 会長。令和3年度 園芸文化賞 受賞。

著書:
「よくわかる栽培12ケ月 雪割草」 NHK出版
「雪割草 栽培と花創りの楽しみ」 新潟日報事業社





Cultivars of Hepatica nobilis var. japonica(Yukiwari-so): a classification based on floral morphology

Notes:

ⅰ. This classification employs 4 ranks - division, class, type, and form. The forms are not described here. It is proposed that the numbering of the ranks can be used as a code as in the horticultural classifications of Narcissus and other genera.

ⅱ. In Yukiwariso flowers the petal-like features are typically sepals; in some cultivars, they can also be petaloid stamens and pistils.

ⅲ. The names of the types in Division 2 are adopted from the formal Japanese classification for Camellia cultivars.




標準花



















ページ先頭へ ( To the top of the page )

戻る ( Back )